ここから共通メニューです

  1. ホーム
  2. 事業活動
  3. TA活動

ここから本文です

作業環境

当社では、2007年より、生産性向上と人材育成を目的としてTurn Around活動 (TA活動)を実践しています。
TA活動では、LCA (ライフサイクルアセスメント)による分析、治具化等の打ち手、IE (インダストリアルエンジニアリング)改善による工数低減、品質関連指標を定めた取組みや機能拡大、適切な在庫管理などを行い、生産性向上に継続的に取り組んでいます。人材育成面では、管理・監督者のマネージメント力強化、社員の将来のリーダクラスの育成を実施しています。
これらの実践により、職能的重度障害を持った方がいきいきと充実して仕事に取り組める環境を構築し、一人ひとりが主役となり、働きがい・活きがいに満ち溢れ、自律した会社を全社員で目指しています。

Turn Arround:方向転換・思想などの転向、良い方向へ転換する
  • 在庫低減 1.27ヶ月⇒1.0ヶ月
  • 製品Aの実績工数20%低減
  • 製品Bの生産性20%向上
  • 製品Cの実績工数17%低減
  • 製品Dの不良・不適合率50%低減
  • 作業Aのシンプル化、 標準化による生産性13%向上
  • 出荷工数10%低減
  • 製品Eの不良率10%低減
  • ラインAの5%稼働率向上
  • 社内工数10%低減
  • 作業Bの工数低減20%
  • 計画・流通工数10%低減
  • 事務工数の50%低減
  • 装置A稼働率向上 85.2%⇒91%
  • 製品Fの歩留率向上13%
  • 製品Gの生産性向上10%
  • 生産管理業務工数低減10%
  • 出荷検査工程20%低減
  • ラインB 生産性10%向上
  • 廃棄不良の70%低減
  • 間接業務の効率化 20%向上
  • 製品HのL/T短縮8日⇒3日
  • 総合改善と職域拡大による
    生産性60%向上
  • グループ会社の間接業務の取込
    &改善(工数15%削減)
  • 製品Jの収益改善
    (前年比:105%向上)
  • 製品Kラインの生産性12%向上
  • 総務業務のIT化、多能工化による
    工数低減
  • ユニバーサル化による検査業務の
    職域拡大
ユニバーサル化による出荷検査業務の職域拡大
目 標: 職域拡大率 61% ⇒ 100%
2016年度 テーマ選定理由

障がいの理解 (機能分析の実施)

車椅子
  • 重い物が持ちづらい。
  • 計画・流通工数10%低減
  • 低い物が取れない、取りづらい。
  • 腕を上げづらい、上がらない。
脳性麻痺
  • 過敏な感覚(音や接触)。
  • 次の作業に移ろうとすると、
    間ができる。
  • 複数の動作を同時に行うことが難しい。
  • 疲労が蓄積されやすい、
    動きが鈍くなる。
片麻痺
  • 低い物が取りづらい。
  • 立ち作業がきつい、ふらつく。
  • 指の動作が不安定。

ルール化 (作業環境の基準書作成)

出検エリア環境整備

作業台の高さや製品台車の積荷などの基準を
ルール化。
※同一の特長でも個人差で違うことを念頭におく。

環境改善の実施 (ユニバーサル化)

改善により、新たな取組みを実行することができた。

ここからコンテンツ内メニューです

  • 工場見学のご案内